スポンサーリンク

ワンオペ育児からの脱出【2】

ワンオペ育児からの脱出【2】社畜夫をホワイト企業に転職させる!

←前の話 ワンオペ育児からの脱出【1】
→次の話 ワンオペ育児からの脱出【3】

転勤制度についての怒りを今から書こうと思います。
(お気に召さない方は読まずに次の漫画へgo!)

夫への転勤辞令をきっかけに、改めて私も転勤について調べたんです。
実家は自営業だし、あたし自身もフリーランス。
とにかく転勤についての知識がなかったので。
で、調べて思ったのは

転勤制度って、おかしくない!?

かろうじて、身軽な独身者が転勤するのは分かるんですよ。
でも、配偶者や子どもがいる人、ましてや介護をしている人が転勤することになったら、人生崩壊ですよ。冗談でなく。

配偶者や子どもがいる人が転勤するとなったら、まずぶち当たるのは、単身赴任か?家族で行くか?です。
単身赴任するとして、会社は2世帯分の家賃は支払ってはくれないでしょう。
それに、たびたび家族のもとへ帰省する費用もバカになりません。


家族で赴任地へ行く場合も、配偶者の人生をぶつ切りにすることになります。
会社員の場合は、退社。
専業主フの場合は、地元コミュニティの離脱。

子どもがいる場合も大変です。
うちは、娘がまだ2歳のタイミングでの辞令でした。
2歳の保育園入園は激戦です。引っ越した先で保育園に入れる保証はありません。
たとえあたしがフリーランスで仕事の縛りがなかったとて、娘が自宅にいては仕事はできず。
結果的に、廃業と同じ状況になってしまうのでした。

介護をされている人に転勤辞令がくだった場合には、
暗黙に「辞めてくれ」という会社からのプレッシャーなのでは?とさえ思ってしまいます。
それぐらい、住環境を変えるのは人生をぶつ切りして再構築する。
仕事だけの話では済まない一大プロジェクトになる訳です。

転勤によって出世するという場合もあるでしょうが、あたしの夫の場合は出世もなし。
家賃補助もなし。ただ会社から負担押し付けらるような仕組みになっていました。
こうしてあたしが”夫の転勤”について調べて感じたのは、モーレツな怒りです。

「あたしの夫を使い捨ての駒のように扱っている!!」
「あたしの夫を使い捨ての駒のように扱っている!!」
「夫の人生を崩壊させようとしている!!」
「夫は会社にこんなに尽くしているのに!!」

夫自身は「オーナーさんのために」というやりがいを感じて働いていたので、さすがに夫には会社についてボロクソには言えませんでした。
が、心の中ではメッタメタのぎったんぎったんに会社をdisっていた、あたしなのでした(笑)

こういう制度を知って感じるのは

日本の会社は、昭和の価値観で運営しているんだな

まさに、おじさんのおじさんによる経営で、「仕事の成功こそ人生の成功!!
家庭をないがしろにしてでも、仕事に命を賭けるのは当たり前のこと。
みんなそうしてやってきてるんだから!!」
という共有意識をビシバシ感じました。

いや、いいんですよ?
仕事に人生を捧げた人に、会社が寿命が尽きるまで面倒を見てくれるなら。
でもいまや、大企業でさえ存続が危うい時代。
仕事に人生を捧げたのに、仕事もプライベートも無くしてしまった・・・。
なんて人が20年後にごろごろ出てくるんでは?と不安に思うあたしなのでした。

みなさんの会社はいかがですか?
仕事さえしていれば良い、という雰囲気でしょうか?
それとも社員の人生まるごとの幸せを考えてくれる、そんな会社でしょうか?
人生はいつか終わりがきます。
限りある人生の時間をどこに賭けていくのか?を、しっかりと吟味して選択すること。
これからの時代に必要な要素だと感じています。

タイトルとURLをコピーしました